内々神社( 愛知県

所在地:春日井市内津町
彫師:立川和四郎富棟ほか
彫物製作年代:文化7年(1810)

内々神社は延喜式神名帳にも記載された神社で、日本武尊がこの地で建稲種命の訃報を聞いて「うつつかな」と悲泣し、その霊を祀ったのが当社であるとも伝える。拝殿は桁行3間、梁間3間、入母屋造、銅板葺(もと檜皮葺)で、正面に千鳥破風と1間の唐破風向拝を付ける。本殿は身舎の梁行を2間とする大型の三間社流造で、現在の屋根は銅板葺とされているが、もとは檜皮葺であった。四周に縁を設け、縁の腰組を支える組物に手先が三つ前へ出る三手先斗きょうを用いる。(文化財ナビ愛知から抜粋)

現在の社殿は棟札によって、本殿・幣殿が文化7年(1810)、拝殿が同10年(1813)の再建であることが知られる。大工は信州諏訪の立川富棟・富之・富方を招いて造営に当たらせている。
内々神社の社殿は、装飾豊かで立体的な丸彫りや浮彫りの彫刻を数多く用い、立川流の作風がよく表現されており、一連の立川流の作品の中でも質の高いものであるといえる。拝殿向拝には象や獅子、鳳凰、波に亀、龍などの立体的な彫刻を多用して豪華に飾り、見せ所としている。特に向拝と身舎を繋ぐ昇り龍・降り龍の彫刻は見ごたえがある。本殿庇にも象・獅子・植物の彫刻を用いて飾る。身舎柱上には二手先斗栱を置き、斗栱間には雲・波の彫刻を嵌め込み、斜め前方へ出る尾垂木も波形の彫刻(隅では龍頭の彫刻)としている。側面の妻飾には二重の虹梁を渡し、この間に鶴亀と仙人や力士の彫刻を置いている。(文化財ナビ愛知から抜粋)
© 2008 Wakabayashi Jun. All rights reserved.