大崎八幡宮( 宮城県

所在地:宮城県仙台市青葉区八幡
彫師:梅村日向守家次・梅村三十郎頼次・刑部左衛門国次
彫物製作年代:慶長12年1607

 平安時代、坂上田村麻呂が宇佐八幡宮を現在の岩手県水沢市に勧請した。室町時代、奥州管領大崎氏は自領内の現遠田郡田尻町に遷祀し、守護神として崇敬したため大崎八幡宮と呼ばれた。大崎氏の滅亡後は伊達政宗が居城の玉造郡岩出山城内の小祠に御神体を遷し、仙台開府後仙台城の乾(北西)の方角にあたる現在の地に祀った。
 社殿の造営にあたっては、当時豊臣家に仕えていた当代随一の工匠、梅村日向守家次・梅村三十郎頼次・刑部左衛門国次・鍛冶雅楽助吉家を招き慶長九年より十二年にかけ造営した。豪壮にして華麗なる桃山建築の特色が遺憾なく発揮されており、社殿は安土桃山時代の我が国唯一の遺構として国宝建造物に指定されている。

 国道48号に面して一の鳥居があり参道が続く。長床という山門というか拝殿のような質素な建物があり、その先に地は総黒塗りで長押上に平成12〜16年に修復された極彩色の彫物を廻らした権現造りの社殿がある。
 拝殿の内部は狩野派の絵や左甚五郎作といわれる彫物があるそうだが、拝殿の外からは大虹梁の青龍が認められるだけだった。向拝周辺だけでも絢爛豪華な天女、虎、龍、鶴などがみることができる。
© 2008 Wakabayashi Jun. All rights reserved.