下教来石諏訪神社( 山梨県

所在地:山梨県北杜市
彫師:諏訪立川流二代 立川和四郎富昌
彫物製作年代:天保15年(1844)

 創建は不明ながら古来から教来石村の産土神として崇敬されてきた。現在の本殿は、天保15年(1844)の再建。棟梁は諏訪立川流二代立川和四郎富昌。本殿は一間社流造で、屋根は柿葺、正面中央に軒唐破風付の向拝をとりつける。本殿は拝殿からそのまま覆い屋に覆われている。現在の国道20号線によって現在地に50mほど移転した。

 諏訪神社本殿は、小振りな社ながら立川流の華麗な彫刻で飾られている。正面向拝虹梁の上には、瓢箪から駒、左右の脇障子には手長足長の奇怪ながら迫力のある彫物があり、左右胴羽目には、猩々と酒壺、胴羽目背面には、見事な唐獅子牡丹が彫られている。諏訪には手長神社、足長神社があり、それぞれ立川流、大隅流の社殿で彫物もあるが、手長足長の彫物はない。祭神だから本殿に祀られ、社殿の表に彫物なんか装飾されるものではないのだろうか。何故ここには手長足長がほられたのだろうか?それほど大きな集落ではないのに、よくこれだけ立派な社殿を建立したものと感心させられる。
© 2008 Wakabayashi Jun. All rights reserved.