大渕天神社( 茨城県

所在地:茨城県笠間市大渕
彫師:後藤縫之助
彫物製作年代:明治15年 1882年

 笠間城の鬼門除けとして創建されたといわれている。国道50号線からすぐの小高い山の山腹に鎮座している。鎮守の森に覆われているが、拝殿前の鳥居のように屹立している2本の大杉、そして本殿の前に聳えるツクバネガシの神木が、中でも目をみはるものがある。創建は800年ほど前だが、本殿は明治15年の創建。明治の名匠・後藤縫之助によって建てられた。社殿のには繊細な彫物が施されている。

 向拝の竜、頭貫の獅子、脇障子の獅子、正面小脇板の昇り降り竜などもいいが、向拝の木鼻周りの、松に鶴や鶯(?)などの構図や彫も繊細が感じられる。
© 2008 Wakabayashi Jun. All rights reserved.