有明山神社裕明門( 長野県

所在地:長野県安曇野市穂高
彫師:立川流 清水虎吉
彫物製作年代:明治35年 1902年

 北アルプスの有明山(2268m)を御神体とし、有明山頂は、北岳、中岳、南岳の3峰あるが、中岳と南岳に本社である奥宮があり、その山麓に里宮がある。有明山は、神話では天岩戸の岩戸が落ちた地であり、坂上田村麻呂が東征のさい戦勝祈願をし、後鳥羽上皇、西行などが歌に詠むなど、古来より名山として知られていた。
中世修験の山として栄え、明治8年神仏分離によって宮城口に里宮が建立された。御祭神は手力雄命、八意思兼命、大己貴命他。

 裕明門は、鳥居をくぐり、両側に並木が続く真っすぐな参道を行くと現れる。明治35年日光陽明門を模した山門、しかしこちらは素木の彫物だ。。立川流の清水虎吉による様々な彫物が見事だが、格天井には、明治の日本画家村田香谷の35枚の彩色動物が描かれ、両側の隋神像、背面両側の黒白の神馬も素晴らしい。彫物は、十二支、二十四孝(唐夫人、郭巨、老萊子、楊香)、蝦蟇仙人、鉄拐仙人、竜、唐獅子など。立川流らしく粟穂に鶉もある。日暮しの門とまではいかないが、1つ1つの彫物が見応えがある。
© 2008 Wakabayashi Jun. All rights reserved.