籌國山長福寺( 東京都

所在地:東京都町田市相原町
彫師:不明
彫物製作年代:文久2年 1862年

 曹洞宗総持寺派の寺院。本尊は釈迦牟尼佛。町田街道沿いの小高い丘の上に伽藍がある。寛永2年(1625年)開山、文化9年(1812年)現在地に移転。天保13年(1842)本堂と庫裏が改修され、本堂の格天井に江戸の狩野派の絵師、長谷川雪堤によって、桜、水仙、紫陽花などの草花が描かれた。本堂格天井花丸絵画・山門・文殊堂は市指定文化財。

 山門、文殊堂は文久2年(1862)に完成。山門の唐戸上部には斜めに雨を呼ぶ雲竜、木鼻にも龍の彫物があり、文殊堂は小振りだが、向拝の中央、柱、木鼻と5匹の龍の彫物があり、それぞれ見応えがある。そのほか山門の扉の竹林の七賢人、文殊堂の扉の獅子の谷落としなどの彫物も優れている。
© 2008 Wakabayashi Jun. All rights reserved.